ヤフオク!トピックス

2021年のガイドライン改定や啓発事例の裏側をご紹介

みなさんもご存知の通り、ヤフオク!ではサービスを安全安心に利用いただくため、ガイドラインを設けています。
ガイドラインは、各種法律を守ることやユーザー保護の観点はもちろんのこと、社会情勢、特定商品に対する関心の高さやそれによる市場の動向なども踏まえ、適宜改定を行っています。
今回は2021年に実施した改定事例についてご紹介いたします。

 

  

ガイドラインとは

ヤフオク!ガイドライン、またその細則には、安全安心にサービスを利用いただくために、ユーザーの皆さんに守っていただきたいルールを示しています。

ヤフオク!はユーザー同士で売買ができるプラットフォームを提供しており、実際の売買はストアや個人が自身で行うサービスのため、ユーザーの安全安心な利用を阻害するような物や行為については、ガイドラインでそれぞれ出品禁止物、禁止行為として定めています。
ガイドラインに違反する物や行為を検知するシステムの構築や、検知した場合の対処(商品の削除やアカウントの利用停止など)を実施しています。

ヤフオク!ガイドライン
ヤフオク!ガイドライン細則

このガイドラインや細則、時々改定がされていることはご存知でしょうか?
サービス内容の変更や法改正に応じて、また人や社会の安全を害する可能性がある場合などに改定を行っています。

改定の際にはお知らせに告知をしているので、ぜひお知らせも注意深く見てみてください。
ヤフオク!お知らせ(ルール追加/変更)

【2021年の改定事例①】法令にもとづくもの

生命の安全性に関わる製品については個別にガイドラインを設けており、「チャイルドシート」について改定をしました。

元々、自動車用のチャイルドシートやジュニアシートのうち、国土交通省が定める安全基準に適合していない商品は出品禁止としています。
また、出品する場合には、国土交通省が定める安全基準に適合していることを示すマークを商品画像に掲載することをルールとして定めていました。

今回の改定では、取扱商品の安全性の担保を目的として、チャイルドシート本体のみでなく取付具についても追加対象としました。
Yahoo! JAPANだけでは判断が難しいものについては関係省庁とも連携し対応を行っています。

購入や出品をする場合には、マークの有無を確認してください。
購入時に不明な場合には、出品者に質問をしてみたり、他の商品を探したりもご検討ください。

■ガイドライン改定のお知らせ
ヤフオク!ガイドライン細則等の改定のお知らせ(チャイルドシートおよびその取付具)

【2021の改定事例②】取引の安全安心向上を目的としたもの

2021年6月29日に、一定期間を超える発送の禁止、購入者による取引キャンセルの導入をガイドラインに盛り込みました。

ヤフオク!では、落札された商品代金をYahoo! JAPANが一度受け取り、落札者が届いた商品の受取連絡を実施すると、出品者に商品代金が支払われる「代金支払管理サービス(エスクロー)」を導入しています。

落札者が受取連絡を忘れている場合でも出品者に代金が支払われるよう、ヤフーの代金受取期間を14日間としていましたが、商品が届く前に代金が支払われるケースも考慮し、商品の発送が落札者の支払いから7日を超える取引を禁止としました。

そして、支払いから8日経過しても発送連絡がない場合、購入者自身が取引をキャンセルすることが可能となる内容になっています。

■ガイドライン改定のお知らせ
【再掲】ヤフオク!ガイドライン細則等の改定予定のお知らせ(一定期限を超える発送の禁止等)

購入者自身でキャンセルできる機能については、以前こちらの記事でもご紹介していますので、ぜひご一読ください!
支払いから8日経過しても発送がない場合「購入者キャンセル」が可能に

【2021の改定事例③】身体・生命への影響があると判断したもの

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って、メーカーや販売元より、製品生産地での原材料調達および、製造、販売までの流れに大幅な遅延が生じ、犬・猫療法食が品薄状態となっていることが明らかになりました。
当該商品を必要とするペット等の身体・生命に影響が出ると判断し、一時的に犬・猫療法食を出品禁止物として定める改定を2021年9月3日に実施しました。

■ガイドライン改定のお知らせ
ヤフオク!ガイドライン細則改定予定のお知らせ(犬・猫用療法食)※9/8追記


同じく新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、自宅療養の増加に伴い酸素缶についても注目が集まりました。
出品や価格の高騰が見受けられた時期がありましたが、商品の性質や本来的な用途も考慮して、取り扱いを継続した上で、ヤフオク!の利用者である皆さんがその効果に誤った期待をして利用することがないよう、サービス上で注意喚起を実施しました。

「酸素缶」の出品について

社会の注目、関心が高まる中で、出品禁止物に追加して一時的に取引を制限することは簡単です。
しかし、それ以上に、利用者の皆さんに商品の性質、市場の動向、製造元や国からの正式な情報にもとづいて冷静な行動をとっていただくよう、注意喚起をすることが必要かつ重要であると判断した事例です。

以上のように、身体・生命の安全や健康の維持に関わる必需品に対しては、その製品が高額化し入手困難になることによる「身体・生命への影響」を、ガイドラインの改定やそれにもとづく措置などの実施基準の一つとしています。

お知らせなどのコンテンツも重要です!

先ほどのの酸素缶についてのお知らせ掲載のように、様々な解釈ができるものについてはYahoo! JAPANとしての考えを示したり、判断が難しい物については、皆さんが意図せずガイドラインや法律違反をしてしまうことのないよう、お知らせやその他サービス内のコンテンツを使って啓発も実施しています。
その一つとして、生物の取引が挙げられます。
生物や生態系を保護することを目的とした法令は複数存在していて、身近に生息する生物や一般的に馴染みのある生物であっても、法律で取り扱いが制限されている場合もあります。
ヤフオク!では法令の順守を前提として、ガイドラインで取り扱いの禁止や、取引に必要なルールを定めています。

一方で、各法令の対象となる生物は多岐にわたるため、このような法律やその対象となる生物の存在を知らぬまま出品したり、生物の種類を正確に把握しないまま購入をしたり、意図せずヤフオク!ユーザーが法令違反となる可能性がある点については、プラットフォーマーとしても課題と捉えていて、利用者の皆さん向けの説明や注意喚起が重要であると考えています。

また、注意喚起に必要な正しい情報の把握、発信については、環境省の協力のもとで行っています。
最近では「チュウゴクモクズガニ(上海蟹)」が特定外来生物に該当するとして一部で話題になりましたが、環境省に協力を仰ぎ、正しい情報を把握した上で、ユーザーに向けたお知らせ掲載や出品物のパトロールの改善を行っております。

モクズガニの出品について


他にも、ハンドメイド商品について、意図せず著作権や商標権を侵害するような商品を出品しないよう、注意するポイントをまとめたページを公開しています。
ハンドメイド商品を出品する際のポイント

今後もこのようなコンテンツで注意喚起などを発信していきますので、ぜひ公開される情報には注目してみてください。


また、各ルールにもとづいてご利用いただくためのプロダクト改善や、ヤフオク!がガイドラインに違反しているとして商品削除などの措置を行った際には理由をわかりやすく説明するなど、違反行為の発生を抑止する施策も行っていきます。

ガイドラインのわかりやすさと、その伝え方を改善することにより、利用者の皆さんが意図せずガイドラインに違反したり、トラブルにつながったりすることのないよう努めてまいります。
指1本でかんたん操作。ヤフオク!公式アプリ