おすすめの人気Bluetoothスピーカー12選

ワイヤレスで接続ができて便利なBluetoothスピーカー。デザインや価格、機能性では判断ができても、肝心の音に関しては「どういった基準で選べば良いか分からない」人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、音の専門家であるオーディオ・ビジュアル評論家の麻倉さんに、Bluetoothスピーカーの選び方をお伺いしました。そのうえで、編集部が選ぶおすすめのBluetoothスピーカーを紹介しますので、判断に迷っている人は参考にしてください。

大きめサイズ・重量のあるものをチョイスする

スピーカーはスピーカーユニットと呼ばれる部分で、電気信号を人の耳に聞こえる音に変換します。このスピーカーユニットは「小さければ小さいほど低音が出ない、大きければ大きいほど低音が出る」という特性を持っています。そのため「本体が小さい=スピーカーユニットも小さい=低音が出にくい」という一般論が成り立ちます。

すべてのオーディオ機器に共通して言えることですが、軽いより重い方が、絶対的に音が良いです。それは音を濁す共振が重量によって抑制される、絶対的な物理の原則が働くからです。したがってBluetoothスピーカーでも大きめで重量があるものをチョイスしましょう。

信頼あるオーディオメーカーの方が失敗は少ない

Bluetoothスピーカーでは、方式の制約から元の音源の情報量をそのまま再現できません。圧縮された音の情報を受け取り、伸長してスピーカーで出力します。この技術をコーデックと言います。しかしこの技術では圧縮・伸長過程で、音のロスが発生します。圧縮でも、上手く対応すれば良い音に仕立てられるメーカーと、それがなかなか難しいメーカーがあります。

少し話が逸れますが、Bluetoothスピーカーの多くのブランドは、台湾や中国で設計・製造された製品に、自社ブランドの名前を付けて売っています。それはOEM・ODMという立派なビジネスモデルなので特に問題はありませんが、注意しなければならないのは、そのブランド自身が製造しているわけではない、という点です。

裏を返せば、「音に対して信頼できる技術を持ち、圧縮・伸長された音でもしっかりと聴かせるノウハウ」を有するブランドが、OEM・ODM先にアドバイスを行い、良い音を聴かせる製品に仕立ててもらう、というケースもあります。歴史あるオーディオメーカーがきちんと自社で責任を持って音作りしているなら、それはお薦めできますね。

実際の音を聞く

音は個人の趣味嗜好が強く反映される部分です。たとえば低音が好きな人は、低音が出るスピーカーを「音質が良い」と言うでしょうし、高音が好きな人は高音が出るスピーカーを「音質が良い」と言うでしょう。

つまり、通販サイトなどの評価が良かったから、といって自分好みの音であるとは限らないのです。ただし、オーディオ評論家などの専門家の意見は、基本的にニュートラルですから、参考に値するでしょう。ただしそれでも一人だけでなく、多くの評論家が支持している製品の方が、良いモノに当たる確率は高いです。

もし気になるスピーカーがあって、実際に音を確かめに行ける場合は、できる限り静かな環境で聴くことをおすすめします。他の家電の音がする家電量販店ではなく、できれば気になるメーカーのショールームや専門店に足を運び、ご自身のスマホとスピーカーを接続してお気に入りの曲を流してみてください。そのうえで自分が心地良いと感じるどうか、を判断するようにしましょう。

アドバイザー

麻倉怜士(あさくられいじ)さん

オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)。UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。
日本経済新聞社、雑誌「プレジデント」の副編集長を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年以来、音楽理論、音楽史を教えている。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)。HIVI、モーストリー・クラシック、PEN、ゲットナビなどの音楽雑誌、オーディオ・ビジュアル雑誌、ライフスタイル雑誌に音楽、映像、メディア技術に関する記事多数執筆。

高音質のおすすめBluetoothスピーカー

ここからは、ヤフオク!編集部が麻倉さんのお話をもとに選出した、Bluetoothスピーカーを紹介していきます。まずは高音質のBluetoothスピーカーからみていきましょう。

商品名 サイズ 重量 防水規格 連続再生
時間
Bluetooth
規格
オーディオ出力
(ワット数)
対応
コーデック
ステレオ・
モノラル
電池の種類
Flip5(JBL) 18×7.4×6.9cm 540g 防水 12時間 4.2 20W - - リチウムイオ
ンバッテリー
CHARGE4
(JBL)
22.1×9.4×9.4cm 960g 対応
(IPX7)
20時間 4.2 20W - - リチウムイオ
ンバッテリー
SOUNDLINK
MINI(BOSE)
18×5.1×5.8cm 680g 12時間 - 2W - - -

※製品選びは編集部独自で行っています。

Flip5(JBL)

Flip5(JBL)

JBLから販売されているFlip5は明瞭度の高いBluetoothスピーカーです。コンパクトながら中高域がすっきりと、明るくはっきりとした音です。円形フォルムで360度に音が広がるため、スピーカーを基点にどこにいてもクリアなサウンドが楽しめます。パーティブースト機能を搭載したスピーカー同士を接続すれば、ステレオサウンドが楽しめます。アウトドアやプールサイド、パーティなどでの使用におすすめです。

おすすめの利用シーン

  • アウトドアやプールサイドなどの屋外利用
  • パーティなどのイベント時

<商品スペック>

サイズ
18×7.4×6.9cm
重量
540g
防水規格
防水
連続再生時間
12時間
Bluetooth規格
4.2
オーディオ出力(ワット数)
20W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
リチウムイオンバッテリー

一般的な価格相場は9,000円~16,000円ですが、ヤフオク!での落札相場は7,000円前後。ヤフオク!であれば、商品によっては新品の半額程度で購入が可能です。

CHARGE4(JBL)

CHARGE4(JBL)

先ほどと同じくJBLから、もう一種類紹介します。CHARGE4では低音域を増強するパシップラジエーターを2基搭載しているため、しっかりと低音の響く、ウーファー搭載機種に近い高級感のあるサウンドです。

「JBL Connect+」対応のスピーカーであれば、100台以上にコードレスで接続が可能。パーティなどで迫力のある演出ができるでしょう。素材には高耐久性・高信頼性のファブリック素材を使用しており、防水にも対応しているため、普段使いからアウトドアまで使用する場所を選びません。

おすすめの利用シーン

  • パーティなどのイベント時に迫力のある演出が可能
  • 普段使いからアウトドアまで、どこでも利用できる

<商品スペック>

サイズ
22.1×9.4×9.4cm
重量
960g
防水規格
対応(IPX7)
連続再生時間
20時間
Bluetooth規格
4.2
オーディオ出力(ワット数)
30W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
リチウムイオンバッテリー

通常では10,000~16,000円が価格相場ですが、ヤフオク!での落札相場は8,000円前後です。こちらもヤフオク!であれば、商品によっては新品の半額以下で購入ができます。

SOUNDLINK MINI(BOSE)

SOUNDLINK MINI(BOSE)

SOUNDLINK MINIは、アメリカの老舗オーディオメーカーのBOSEのBluetoothスピーカーです。手のひらサイズに収まる小さめのサイズですが、奥行きのある低音域でリッチかつパワフルなサウンドが心地良く部屋に響き渡ります。680gと軽量なので持ち運びにも不便はありませんが、オーディオ出力が2Wと小さめなのであくまで室内用としての利用がおすすめです。

おすすめの利用シーン

  • 室内での利用がおすすめ
    →例:リビングでの利用、寝る前などのリラックスタイム

<商品スペック>

サイズ
18×5.1×5.8cm
重量
680g
防水規格
連続再生時間
12時間
Bluetooth規格
-
オーディオ出力(ワット数)
2W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
-

市場での価格相場は21,000円程度ですが、ヤフオク!では10,000円前後の落札相場となっており、市場の半額程度で手に入れることができます。

コスパ最強の安価おすすめBluetoothスピーカー

次に紹介するのは、安いけど音質や機能性に優れたコスパ最強のBluetoothスピーカーです。安さを求める場合は、できるだけ老舗のオーディオメーカーを選ぶようにすると外れに当たる確率が減ります。

商品名 サイズ 重量 防水規格 連続再生
時間
Bluetooth
規格
オーディオ出力
(ワット数)
対応
コーデック
ステレオ・
モノラル
電池の種類
Soundcore Flare Mini(Anker) 8.6×7.2×14.1cm 約480g 対応(IPX7) 12時間 - 5W - - -
サウンドパートナー(SHARP) AN-SX7A:22.7×18.1×4.6cm
AN-SS1:18.1×18.1×1.6cm
AN-SX7A:約280g
AN-SS1:88g
× AN-SX7A:13.5時間
AN-SS1:14時間
AN-SX7A:5.0
AN-SS1:4.1
AN-SX7A:2.4W
AN-SS1:1.4W
AN-SX7A:SBC /AAC/Qualcomm aptX/Qualcomm aptX Low Latency
AN-SS1:SBC (Subband Codec)、FastStream
- -
SoundCore2(Anker) 約16.8×4.7×5.6cm 約414g 対応(IPX7) 24時間 5.0 2W 5W - -

※製品選びは編集部独自で行っています。

SoundCore Flare Mini(Anker)

SoundCore Flare Mini(Anker)

SoundCore Flare Mini は360度、全方位にパワフルなサウンドを届けられるスピーカーです。部屋のどこにいてもクリアな音質が楽しめることはもちろん、音楽に合わせて底のライトが変化するので雰囲気も重視したい人におすすめ。また480gと軽量なので、屋外で使用する際にさっと持ち運べる点も魅力です。

おすすめの利用シーン

  • 屋外で利用したい際もさっと持ち運べる
  • 室内でもクリアな音質が楽しめる

<商品スペック>

サイズ
8.6×7.2×14.1cm
重量
約480g
防水規格
対応(IPX7)
連続再生時間
12時間
Bluetooth規格
-
オーディオ出力(ワット数)
5W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
-

新品の値段が3,990円と安めの設定なSoundCore Flare Miniですが、ヤフオク!であれば落札相場が3,500円前後なので、新品より少し安い価格で購入できます。

サウンドパートナー(SHARP)

サウンドパートナー(SHARP)

サウンドパートナーは大人数で音楽のある時間を共有する、というよりも自分だけで音楽やラジオ、テレビを楽しみたい時におすすめです。テレビの音や会話の邪魔をすることなく、自分が聞きたい音に集中できます。

AN-SX7Aでは低音域から中高音域までバランスよく再生が可能。音に合わせて振動が伝わるので、臨場感のあるサウンドを味わうことができます。またAN-SS1は88gと100gにも満たない軽量設計なので、長時間の着用でも重さを感じることがありません。そのためウォーキングやサイクリングなど、上下運動の少ないワークアウトでの使用もおすすめできます。

おすすめの利用シーン

  • 室内で家事をしながらでも、テレビやラジオを楽しめる
  • 屋外ではウォーキングやサイクリング時のお供としても最適

<商品スペック>

サイズ
AN-SX7A:22.7×18.1×4.6cm
AN-SS1:18.1×18.1×1.6cm
重量
AN-SX7A:約280g
AN-SS1:88g
防水規格
×
連続再生時間
AN-SX7A:13.5時間
AN-SS1:14時間
Bluetooth規格
AN-SX7A:5.0
AN-SS1:4.1
オーディオ出力(ワット数)
AN-SX7A:2.4W
AN-SS1:1.4W
対応コーデック
AN-SX7A:SBC /AAC/Qualcomm aptX/Qualcomm aptXLow Latency
AN-SS1:SBC (Subband Codec)、FastStream
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
-

一般的な価格相場は9,000~21,000円と幅広くなっています。それに対してヤフオク!での落札相場は6,000円であるため、安定的に安く購入できます。

SoundCore2(Anker)

SoundCore2(Anker)

SoundCore2は、今回紹介している全てのスピーカーの中で最長の、最大24時間再生が可能なBluetoothスピーカーです。小型の割に音質が良く、迫力のある低音も味わえます。また新品価格でも4,999円でありながら、デザイン・音質ともに優れていることからコスパが良く人気の高いスピーカーです。

指紋のつきにくい素材を採用しているので、見た目・手触りともに高級感があります。音質だけでなく、デザイン性にもこだわりたい人におすすめです。

おすすめの利用シーン

  • 家事中やリラックスタイムでも◎
  • こぢんまりしたキャンプやBBQなどであれば屋外でも楽しめる

<商品スペック>

サイズ
約16.8×4.7×5.6cm
重量
約414g
防水規格
対応(IPX7)
連続再生時間
24時間
Bluetooth規格
5.0
オーディオ出力(ワット数)
6W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
-

一般的な販売価格の相場は4,000~6,000円程度ですが、ヤフオク!であれば落札相場3,000円前後と大変お得に購入可能です。

防水・防塵のおすすめBluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーと言えば、屋外に携帯して音楽を楽しむのに重宝しますが、急な雨などで濡れて壊れてしまうのは避けたいところ。そのためこの章では、防水・防塵に優れたスピーカーを紹介します。「持ち運ぶ」ことが前提となるため、「できるだけコンパクト・軽量」でも「老舗オーディオメーカー」である点を重視して選びましょう。

商品名 サイズ 重量 防水規格 連続再生
時間
Bluetooth
規格
オーディオ出力
(ワット数)
対応
コーデック
ステレオ・
モノラル
電池の種類
SRS-XB12(SONY) Φ7.4×9.2cm 243g 防水・防塵 約16時間 4.2 5W SBC/AAC - リチウムイオンバッテリー
SoundLink Revolve(BOSE) 8.2×15.2×8.2cm - 防塵・防滴 13時間 4.1 2W - - 充電式リチウムイオンバッテリー
SRS-XB22(SONY) 約20×7.2×6.8cm 約540g 防水・防塵・防錆 12時間 4.2 14W SBC/AAC/LDAC ステレオ リチウムイオンバッテリー

※製品選びは編集部独自で行っています。

SRS-XB12(SONY)

SRS-XB12(SONY)

SRS-XB12では、フルレンジスピーカーユニット搭載。オーディオメーカー古参のSONYならではの重低音と中高域のクリアな音を楽しめます。本製品にはストラップが付属しているため、木や壁掛けなどに引っかけることで、より広範囲に音を届けることも可能です。そのため自宅の浴室やレジャーといった場面での活躍が期待できます。

おすすめの利用シーン

  • 浴室でのリラックスタイムに◎
  • レジャーでも広がりのある音を楽しめる

<商品スペック>

サイズ
Φ7.4×9.2cm
重量
243g
防水規格
防水・防塵
連続再生時間
約16時間
Bluetooth規格
4.2
オーディオ出力(ワット数)
5W
対応コーデック
SBC/AAC
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
リチウムイオンバッテリー

SRS-XB12をネットや家電量販店で購入する場合の価格相場は7,000~10,000円です。それに対してヤフオク!での落札相場は4,000円前後とこちらも半額程度で購入できます。新品の取り扱いもあるので、品質を心配することなくお得に手に入れることができるでしょう。

SoundLink Revolve(BOSE)

SoundLink Revolve(BOSE)

SoundLink Revolve は、360度サラウンドスピーカーを採用した、どこにいても高音質なサウンドを楽しめるスピーカーです。「部屋の中央においても良し、壁の近くにおいて反射音による広がりのある音を楽しむも良し」の優れもの。衝撃にも強い設計なので、好奇心の強い子どもがいる家庭でも安心して使用できます。また継ぎ目のない洗練されたボディで、どんなシーンでも存在感を発揮。パーティやアウトドアには欠かせない存在となるでしょう。

おすすめの利用シーン

  • 日常使いや室内でのパーティで抜群の存在感と音を発揮
  • アウトドアでも高音質を届けてくれる

<商品スペック>

サイズ
8.2×15.2×8.2cm
重量
-
防水規格
防塵・防滴
連続再生時間
13時間
Bluetooth規格
4.1
オーディオ出力(ワット数)
2W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
充電式リチウムイオンバッテリー

通常価格で購入しようとすると、価格相場は21,000~23,000円なので少々高めです。しかしヤフオク!での落札相場は18,000円前後と、市場価格よりも3,000~5,000円もお得に購入できます。

SRS-XB22(SONY)

SRS-XB22(SONY)

SRS-XB22はフルレンジスピーカーユニットを贅沢に2基搭載しており、重低音をステレオで再生できます。また高音から低音までをバランス良くカバーしてくれるため、明瞭感に優れたサウンドを味わえます。さらにLIVEサラウンドモードでは縦横方向に音を効果的に拡散できるため、リビングがライブ会場に早変わり。臨場感のある空間を演出できます。

おすすめの利用シーン

  • 日常使いや室内でのパーティで抜群の存在感と音を発揮
  • アウトドアでも高音質を届けてくれる

<商品スペック>

サイズ
約20×7.2×6.8cm
重量
約540g
防水規格
防水・防塵・防錆
連続再生時間
12時間
Bluetooth規格
4.2
オーディオ出力(ワット数)
14W
対応コーデック
SBC/AAC/LDAC
ステレオ・モノラル
ステレオ
電源の種類
リチウムイオンバッテリー

通販サイトもしくは家電量販店で購入する場合の価格相場は10,000~14,000円ですが、ヤフオク!での落札相場6,000円前後。新品が出品されることもあるので、商品によっては新品1台の購入金額で2台分購入できることもあるでしょう。

コンパクトなおすすめ小型Bluetoothスピーカー

最後はモバイル性に富んだ小型Bluetoothスピーカーの紹介です。コンパクトな携帯性を重視するため、「老舗のオーディオメーカー」である点を重視して選ぶと間違いないでしょう。

商品名 サイズ 重量 防水規格 連続再生
時間
Bluetooth
規格
オーディオ出力
(ワット数)
対応
コーデック
ステレオ・
モノラル
電池の種類
SoundLink Micro(BOSE) 9.8×9.8×3.5cm - 防水 6時間 - 2W - - -
SRS-XB01(SONY) 約8.1×5.7×5.6cm 約160g 防水 6時間 4.2 3W SBC ステレオ ニッケル水素バッテリー
SoundLink Color Bluetooth speaker(BOSE) 12.7×13.1×5.6cm 540g 防滴 8時間 - - - - -

※製品選びは編集部独自で行っています。

SoundLink Micro(BOSE)

SoundLink Micro(BOSE)

SoundLink Microは手のひらに収まるほどのミニサイズですが、迫力のあるサウンドが特徴のスピーカーです。耐久性と防水性を備えており、付属のストラップを付ければ山登りや釣り、サイクリングなどのアウトドアのお供にぴったり。ストラップも頑丈に作られており、着脱を繰り返しても取り付け部分が緩む心配もありません。

おすすめの利用シーン

  • 山登りや釣り、サイクリングにもぴったり
  • マリンスポーツにも◎

<商品スペック>

サイズ
9.8×9.8×3.5cm
重量
-
防水規格
防水
連続再生時間
6時間
Bluetooth規格
-
オーディオ出力(ワット数)
2W
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
-

通常で購入する場合は12,000~14,000円が価格相場です。その点、ヤフオク!での落札相場は7,500円前後と、4,000~7,000円近くお得に購入できます。

SRS-XB01(SONY)

SRS-XB01(SONY)

コロンとしたフォルムが可愛いSRS-XB01では、その可愛さとは裏腹にインパクトのある重低音が味わえます。また円状により余計な内部共振を防ぐことができるので、雑音のないクリアなサウンドを実現。バーベキューや散歩など、ちょっとしたレジャーにもってこいのスピーカーです。

また高い防水性を誇るうえに、コンパクトながら本体が安定しているので浴槽のふちなどの狭い場所にも置くことも可能。バスタイムを特別なものにできるでしょう。

おすすめの利用シーン

  • バーベキューや公園、キャンプなどのアウトドアに最適
  • 防水なので浴槽において贅沢なバスタイムを堪能するも良し

<商品スペック>

サイズ
約8.1×5.7×5.6cm
重量
約160g
防水規格
対応(IPX5)
連続再生時間
6時間
Bluetooth規格
4.2
オーディオ出力(ワット数)
3W
対応コーデック
SBC
ステレオ・モノラル
ステレオ
電源の種類
ニッケル水素バッテリー

新品の価格相場も4,000円と安めですが、ヤフオク!での落札相場は2,000円前後とさらに安くなっています。カラーバリエーションも豊富なので、複数台持ちをしても楽しむのも良いでしょう。

SoundLink Color Bluetooth speaker(BOSE)

SoundLink Color Bluetooth speaker(BOSE)

SoundLink Color Bluetooth speakerにはBOSEがこれまで培ってきた独自の技術を集約し、雑音を生む余計な振動を最小限に押さえつつ、力強いサウンドを提供してくれます。今回紹介しているコンパクトスピーカーの中では最長の8時間再生ができるので、ちょっとしたレジャーやバーベキューであれば充電を気にせずイベントに集中できます。

おすすめの利用シーン

  • レジャーやバーベキューにも最適なサイズ感
  • 家庭菜園や洗車などの作業BGM用にもぴったり

<商品スペック>

サイズ
12.7×13.1×5.6cm
重量
540g
防水規格
防滴
連続再生時間
8時間
Bluetooth規格
-
オーディオ出力(ワット数)
-
対応コーデック
-
ステレオ・モノラル
-
電源の種類
-

コンパクトなうえに性能が良いため、市場での価格相場は14,000~20,000円ほどです。しかしヤフオク!であれば落札相場6,500円前後と半額程度で、SoundLink Color Bluetooth speakerを購入できます。

オークションサイトでスピーカーを売り買いするときのポイント

各商品でヤフオク!の落札相場を紹介してきたとおり、Bluetoothスピーカーはオークションサイトでも購入可能です。精密機器なので、「オークションサイトで買うのは怖い」という人もいるかもしれませんが、選び方次第では品質も問題ないうえに最新機種を家電量販店や通販サイトよりも安価で購入ができるので利用しない手はないでしょう。

また、オークションサイトでは購入だけでなく、出品して不要になったスピーカーを売ることもできます。そのためこの章では、オークションサイトでBluetoothスピーカーを売り買いする際のポイントを紹介します。

製造年月日

Bluetoothスピーカーは、電化製品なので製造年月日が古ければ古いほど、音量が上がらない、無線がつながらないといったトラブルが起きやすい傾向にあります。そのためオークションサイトでBluetoothスピーカーを購入する際は、生年月日が新しい製品を選ぶようにしましょう。

またもしトラブルに見舞われた場合、メーカーに部品がないことには修理もできません。この場合、また一からスピーカーを探すことになり、大変手間がかかるので、修理をすることも視野に入れて、製造年月日が修理用部品保有期間の8年以内かどうかも確認しておくと良いでしょう。このように「製造年月日」は購入検討者側からすると重要な判断材料となるので、売りに出す際にも必ず明記しておくことをおすすめします。

付属品の欠品

たとえば充電ケーブルなど、絶対的に必要なものが揃っているかどうかを確認したうえで購入しないと、のちのち余計な出費が増えてしまいます。そのため付属品に関して曖昧な表記をしている、もしくは記載がない出品者からの購入は避けるのが無難です。どうしても気になる商品である場合は、賭に出るのではなく購入前に出品者に質問をするようにして、事前に確かめるようにしておきましょう。

また売る際も同様です。購入検討者によってニーズが異なる場合もありますが、ほとんどの人が必要最低限の付属品が揃っていることを前提に商品を探していると予想されます。そのため付属品が欠品している場合は商品価値も落ちるし、何より売れにくくなります。もし将来売りに出す予定があるのであれば、自分が使用するか否かは別として付属品は大切に保管しておきましょう。

付属品の欠品

新品の価格相場から約半値ほどで購入できるオークションサイトでも、あまりに安すぎる商品には手を出さないのがセオリーです。なぜなら同じ商品が並ぶ中で、あまりに低価格で出品されている商品は部品の損傷がある、本体が割れているなど、何らかの不具合を抱えている可能性が高いからです。そのため、できればオークションの価格相場に近い値段で購入するのが望ましいと言えるでしょう。

また売る側としては高値で売りたいのが本音でしょうが、出品数が多い商品ほど、同程度の商品状態で安く出品されていることがあるため、高値では売れにくくなります。また先に述べた理由によって、安易に価格相場よりも安く設定すれば売れるという訳でもありません。もし価格相場より少しでも高く、もしくは安く設定するのであればその理由を明記して、購入検討者に余計な不安を与えないようにしておきましょう。

まとめ

用途にもよるでしょうが、音質の良いスピーカーを探すには、「大きさ・重量がある機種を選ぶ」「信頼できるオーディオメーカーを選ぶ」「自分の耳で音を確かめる」の3つを意識してBluetoothスピーカーを選ぶようにしましょう。

家電量販店や通販サイトで購入しても良いですが、ヤフオク!を利用するのも一つの手です。新品から中古品が市場価格の半額程度で出品されているので、かなりお得に購入できるでしょう。そのたスピーカーの目星がついたらぜひ一度、ヤフオク!で検索してみてくださいね。

商品名 サイズ 重量 防水規格 連続再生
時間
Bluetooth
規格
オーディオ出力
(ワット数)
対応
コーデック
ステレオ・
モノラル
電池の種類
Flip5(JBL) 18×7.4×6.9cm 540g 防水 12時間 4.2 20W - - リチウムイオ
ンバッテリー
CHARGE4
(JBL)
22.1×9.4×9.4cm 960g 対応
(IPX7)
20時間 4.2 20W - - リチウムイオ
ンバッテリー
SOUNDLINK
MINI(BOSE)
18×5.1×5.8cm 680g 12時間 - 2W - - -
Soundcore Flare Mini(Anker) 8.6×7.2×14.1cm 約480g 対応(IPX7) 12時間 - 5W - - -
サウンドパートナー(SHARP) AN-SX7A:22.7×18.1×4.6cm
AN-SS1:18.1×18.1×1.6cm
AN-SX7A:約280g
AN-SS1:88g
× AN-SX7A:13.5時間
AN-SS1:14時間
AN-SX7A:5.0
AN-SS1:4.1
AN-SX7A:2.4W
AN-SS1:1.4W
AN-SX7A:SBC /AAC/Qualcomm aptX/Qualcomm aptX Low Latency
AN-SS1:SBC (Subband Codec)、FastStream
- -
SoundCore2(Anker) 約16.8×4.7×5.6cm 約414g 対応(IPX7) 24時間 5.0 2W 5W - -
SRS-XB12(SONY) Φ7.4×9.2cm 243g 防水・防塵 約16時間 4.2 5W SBC/AAC - リチウムイオンバッテリー
SoundLink Revolve(BOSE) 8.2×15.2×8.2cm - 防塵・防滴 13時間 4.1 2W - - 充電式リチウムイオンバッテリー
SRS-XB22(SONY) 約20×7.2×6.8cm 約540g 防水・防塵・防錆 12時間 4.2 14W SBC/AAC/LDAC ステレオ リチウムイオンバッテリー
SoundLink Micro(BOSE) 9.8×9.8×3.5cm - 防水 6時間 - 2W - - -
SRS-XB01(SONY) 約8.1×5.7×5.6cm 約160g 防水 6時間 4.2 3W SBC ステレオ ニッケル水素バッテリー
SoundLink Color Bluetooth speaker(BOSE) 12.7×13.1×5.6cm 540g 防滴 8時間 - - - - -
ヤフオク!公式アプリなら大事な情報を見逃さない 今すぐ無料でダウンロード