ルール追加/変更

2017年09月27日

絵画の出品に関するルール改定について

いつもヤフオク!をご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、ヤフオク!ガイドライン細則を以下のとおり改定します。
 
■改定前
C.出品ルール
12.絵画
(1)特定の作者の作品としている場合は、真作または模写と明記すること
(2)真作と明記する際には、万が一真作でない際には返品を受ける旨を商品説明に明記すること
 【ご注意ください】
 ノークレーム・ノーリターンと記載するなど返品に応じない旨の記載はしないでください

■改定後
C.出品ルール
12.美術品
(1)美術品の出品については以下の規定を順守すること
 a 真贋(しんがん)が不明の作品を出品しないこと
 
 b 特定の作者の作品を出品する場合は、「(2)」に基づく場合を除き、真作を出品すること。
  なお、商品タイトルや商品説明に作者を記載していない場合でも、作品中の署名、サイン、落款の画像を掲載しているものなど、特定の作者の作品であることを示唆していると当社が判断したものは、特定の作者の作品とみなします(「(2)」でも同様です)。
 
 c 真作を出品する場合は、真作であることを明記し、万が一真作でない際には返品を受ける旨を商品説明に明記すること
 【ご注意ください】
  ノークレーム・ノーリターンと記載するなど返品に応じない旨の記載はしないでください

(2)特定の作者の作品の模写(第三者の作品や作風などを模倣した真作以外の作品)を出品する場合は、次のaからdも合わせて順守すること。
 
 a 知的財産権を侵害しない作品であること
  【知的財産権を侵害しない作品とは】
  著作権の保護期間を経過した作品、権利者より知的財産権の使用許諾を得た作品など
 
 b 商品タイトルの先頭に【模写】と記載し、商品説明にも模写であることを明記すること
  【例】
  「矢風太郎が描いた風景画」を出品する場合は、商品タイトルは「【模写】矢風太郎が描いた風景画」と記載してください。
  「真作と記載がないものは模写です」などの表記は認められません。
 
  【ご注意ください】
  「模写の可能性がある」「模写扱い」「○○(作者の名前)と思われます」など、真贋が不明であることを示唆する作品は出品を禁止します。
 
 c 真作を示唆する表現を用いないこと
  【真作を示唆する表現とは】
  「肉筆」「直筆」「手書き」またはそれに類すると当社が判断した表現がこれにあたります。印刷ではなく、人が書いたことを示したい場合には「印刷ではない」または「人が書いたもの」の表現を用いてください。
 
 d 模写であっても、権利者からの知的財産権保護プログラムに基づく申告により、当社が相当と判断した場合、当社は当該オークションを削除します。

■改定予定日
2017年10月25日(水)

ヤフオク!は、これからもご利用の皆様により良いサービスを提供してまいります。
今後とも、ヤフオク!をご愛顧くださいますようお願い申しあげます。

お知らせを検索