機能追加/変更

2013年10月09日

【出品者の方へ】入札者認証制限と入札者評価制限の使い分けについて

いつもヤフオク!をご利用いただき、誠にありがとうございます。

10/7(月)に「入札者認証制限」、本日「入札者評価制限(悪い評価の割合)」をリリースし、
出品者様はさまざまな方法で悪質な利用者からの入札を制限できるようになりました。

こちらでは、従来の「入札者評価制限(総合評価)」とあわせて、機能の違いとおすすめの設定をご案内いたします。

無料の取引オプションですので、ぜひオプションを組み合わせてご利用いただき、
安心安全にお取引をしていただければと思います。


■各オプションの機能の違い

オプション 制限の詳細
入札者認証制限
モバイル確認など、本人確認相当の手続きを行っていない利用者の入札を制限
できます。

※10月7日(月)以降、新たにヤフオク!を利用する利用者の入札が対象です。
※モバイル確認は、1つの電話番号で1つのYahoo! JAPAN IDしか認証できず、その他の本人確認相当の手続きも多少の手間がかかりますので、いたずら入札をする悪質な利用者の意欲を失わせる効果があります。
入札者評価制限(総合評価)
総合評価(評価ポイントの合計)が「-1」の利用者の入札を制限できます。

入札者評価制限(悪い評価の割合)
評価の合計数が6以上で、評価の合計数のうち悪い評価の割合が40%以上の利用者の入札を制限できます。

・入札者認証制限の詳細はこちら
・入札者評価制限(総合評価・悪い評価の割合)の詳細はこちら


■おすすめの設定

ケース おすすめのオプション
「購入意思のない利用者」の入札を制限したい場合
・入札者認証制限
・入札者評価制限(総合評価)

「誠実さにかける利用者」の入札を制限したい場合
・入札者評価制限(悪い評価の割合)

※誠実さにかける利用者とは?
入札時に購入意思はあるものの、そのときの状況で取引を遂行する場合と遂行しない場合があるような利用者です。
(例:「思ったより高額で入札してしまった」「ほかに安く落札できた」「忙しくて面倒になった」など)


■設定方法
出品時の商品情報入力画面で、ご希望のオプションにチェックを入れるだけです。
※もちろん、すべてにチェックを入れることも可能です。




ヤフオク!は、これからもご利用の皆様により良いサービスを提供してまいります。
今後ともご理解とご協力をお願いいたします。








お知らせを検索