ギターラボ トップ > 平松八千代さん > ヤッチーの"I am Travelling Soul" Vol.12

ヤッチーの"I am Travelling Soul" Vol.12

平松八千代(ヤッチー)さんヤッチーのコラム12弾。更新です! 今回は「泣ける音楽」です。



平松八千代(ヤッチー)ソロライブ「Snufkin's Guitar」より



泣ける音楽

最近、なんで音楽で泣けるんだろう? って考えます。なんでだろ?

先日、私がだいだいだ〜〜い好きで尊敬している「カーペンターズ」の特集番組を見ました。
そこで思ったのが、「なんで、カレンの声は癒やされるんだろう?」ということ......。
カレンは、すごく若いころから歌は完璧で完成されたものになっていました。
わかっていたことなんですが、テクニックだけじゃないと思います。

なら何が影響しているの? 人生経験? 真剣さ? 生まれつきの声帯?
う〜〜〜〜ん、全部ひっくるめて! イヤ、それ以上の何かがあるように思えてなりません。
でも、今の私にはまだわからないんです。歌が下手でも心に響く人だっているし......。
すごいテクニックを持っていても、上手だねで終わってしまう人もいるし......。

やっぱり、ハートの問題が大きいのかなぁ? いちばん大事なことだと思うけど、サビの部分のトップにきて、一番盛り上がるところの音が不安定だと、「あれ?」とかガックリしてしまうのも確かなことなんだよね......。
レコーディングのときなんか、私はピッチを気にしすぎて言葉がうまく伝わらなかったり、詩(詞)のニュアンスがいまいちになったりしたことを思い出します。

そういえば、初めてライブを見て泣いたのは、今は亡きスーパーベーシスト、ジャコ・パストリアスの大阪フェスティバルホールでのコンサートでした。ソロで泣けた......。なんか胸がいっぱいになって泣けた。テクニックだけじゃない何かがそこにありました。
キザですが、それはきっとあふれんばかりの愛情だったのかも知れないと思います。

私もいつか泣ける歌が歌えるようになりたいです。日々精進(^ー^)




---いい歌を歌いたい。年月を積み重ねても、いつも変わらないその思いが人を「涙させる」歌になるんだと思います。待ってるよ! ヤッチー。



●文:平松八千代(ヤッチー)



平松八千代オフィシャルサイト



読者コメント(1件のコメントがあります)

はじめまして。ギター大好き、歌うの大好きなフラップです。
海外に住んでいるので、ヤッチーのことは知らなかったんですけど
なにかに導かれてここを見つけまして、あっ!と言う間にぜーんぶ読み尽くしてしまいました。。。すごいですね。ヤッチーさん。
情熱的というか、尊敬します。いつかプレイを見てみたいです。
お師匠さんになって、私に色々教えて欲しいくらいです。
これからもがんばってくださいね〜!ブログの方にも遊びに行きますね!

投稿者:フラップ | 投稿日:2007年7月22日 00:36

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション