ギターラボ トップ > 平松八千代さん > ヤッチーの “I am Travelling Soul” Vol.4

ヤッチーの “I am Travelling Soul” Vol.4

ヤッチーこと平松八千代さん 「ヤッチーの “I am Travelling Soul”」

第4弾は、縁のあるギターのお話。




「ギターとは縁があるんです」



誠さんの弾き語りに感動

そろそろ、音楽的なことを話してみたくなりました。

この間品川教会で、尊敬する「斎藤誠」さんのソロライブを見てきました。
ギター弾き語りの独りきりの演奏で、それはそれは感動しっぱなしでした! 教会の自然なリバーブがほどよく効いて、ギターの音も最高だったよぉ(泣)。

わたしも今年から、「Snufkin's guitar(スナフキンズ・ギター)」と名付けた弾き語りライブを始めてますが、「ああ……、こんなに弾けたら、ステキだなー!! 歌が届くなー……」などとしみじみ思うのでした。
やっぱり、生ギターの音が大好きなんですよねー。




よく道端でギターを拾うんです

でも、なんでピアノとかドラムじゃなくてギターなんだろう?
それはね、家にギターがあったからです。登山家が「そこに山があるから登るんだ」っていうのと似てるかも(笑)。姉たちが弾いてたからなんだ(平松八千代さんインタビューVol.1参照)。

それと、よく道端でギターを拾うんです……。変でしょ? というか散歩してたら、「あ〜〜ん、誰か私を助けて! まだ、使えるよぉ」と、捨てられたギターがわたしを呼ぶんです。
といっても2、3本ですけどね。なかには鳴らない「子」もいて、部屋のディスプレイになったのもあるけど……。




ヤッチーと拾われたPignose君(ギター)



命拾いした「Pignose君」

ここ最近で拾ったのは、赤い「Pignose」です。
ちっちゃいアンプ内臓エレキギターなのよん。家の向かいのマンションの前に、「燃えないごみの日」に悲しそうに置かれていました。さっそく我が家へ連れて帰り、きれいに汚れをふき取って鳴らしてみました。
「どこも壊れてないやん!」命拾いした「Pignose君」はうれしそうです。
あぁ、わたしはギターが捨てられてるのを放っておけないのよねー。




見に来てね

そんなことを思い出したりしていると、「ギターには縁があるのかな〜」なんてうれしがってしまいます。さあ!! しっかり練習して、お客さんに感動してもらいたいし、自分も幸せな気持ちになりたいな!
また、秋に「Snufkin's guitar(スナフキンズ・ギター)」をやるつもりなので、みなさん一度見に来てね!!

秋の気配のこの時期には、「GONTITI」のアルバム「DUO」がエエでぇ。

---なぜかギターを拾うヤッチー。そういえば「ギターラボ」レギュラー、アコースフィアの奥沢さんも、井の頭公園で拾ったギターがきっかけでプロのギタリストになっちゃったんですよねー。……燃えないゴミの日、要チェックかも!

●文責・写真/ヤッチー(平松八千代)

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション