ギターラボ トップ > 平松八千代さん > ヤッチーの “I am Travelling Soul” Vol.1

ヤッチーの “I am Travelling Soul” Vol.1

ヤッチーこと平松八千代さん 平松八千代さんによる新コーナー「ヤッチーの “I am Travelling Soul”」、いよいよスタート!

このコーナーは、ヤッチーこと平松さんによるミニ・エッセイを連載。アーティストとしてはもちろん、ひとりの女性として「心の旅」を続ける、まさに「Travelling Soul」の名にピッタリのコーナーです。お楽しみください!



「とにかく、昔めっちゃ太っててんから!!」



ダンベルでエクササイズ キッカケが大事

もう、夏まっ盛りですね^−^
体の露出度がドンドン増していく季節なんだよねー!
私はほぼ毎日、当然のように近所のジムへ通う生活をしています。夏前には会員数が増え、必死でダイエットに励む人々でいっぱいです。

やっぱり、「海でビキニを着たいから!」とか、「ノースリーブの季節だしぃ」とか、何をするにしてもキッカケが大事ですよねー^−^、うんうん。

私も今でこそ、人前でヘソなんか出してライブやったりしてるけど、6年くらい前は、運動なんて大、大、ダーイきらいだったんだあー!


画像:ダンベルでエクササイズに励むヤッチー!




ウォーキングからはじまり

そのころ私は、「SOY=佐橋佳幸さん(g)、小倉博和さん(g)とのトリオ」のボーカルをしていたのですが、あるBS音楽番組に出演したときのことでした。
画面(モニター)に映った自分を見るなり、「ゲゲッ! なんかポッチャリしてるう……」。
こりゃイカンと思い、まずは朝のウォーキングから始め、それが次第にジョギングへと変化していきました。そして現在の「ジム通い」となったのです。

しか〜し! もう一昔前は、今より+10kgほどあって、かなり育ちすぎてしまい、もっとさかのぼってピーク時(高校1年のとき)には、70kgもあったのです……。すげ〜〜。
そんな私にやせるキッカケともいえる、神の一声が聞こえたのは……、確かロックベーシストにあこがれていた19歳の夏のことでした。




天の声……

バンドの練習に行こうと、スタジオのあるビルの、前の信号を渡ろうとしたときです。
T字路の角の信号で、直進車がないから、悪いことだけど信号無視をして歩き出しました。すると、後ろから左折してきた車があって、危うく轢(ひ)かれそうになり、ビックリしていたら、車の中から「ブタッ!!」と叫ぶ声が……。

きっと「危ないなぁ!」のつもりだったのでしょうが、関西人はストレートで、見たままを言葉にする人が多い。私は唖然(あぜん)としてあたりを見渡したけど、やはり私しかいない……。めっちゃショック!
その後、3か月で6kg減量し、洋服のサイズが13号から9号になるくらい痩せました!

言われたときは、すごーい腹立ったけど、あれはきっと天の声だったに違いない!!




大小取り揃えて、日々筋トレ キレイになった自分をイメージしよう

「ブタッ!!」、と叫んだあの運転手さんを探して、お礼を言いたい気持ちでいっぱいやわ。
悔しさが大きなパワーに変わることってあるもんネ^−^

減量は大変だったけど、キレイになった自分をイメージして前向きに、ハッピーに続けられることが成功する一番の秘訣(ひけつ)やねェ^−^!

画像上:大小取り揃えて、日々筋トレ

この辺のダイエット話は、またそのうちするから、こう御期待!
19歳のあのころ、 JOURNEYの大阪フェスライブを見て、アルバム「ESCAPE」を聴きながら、「キャベツばかり〜かじいってたぁ♪(by かぐや姫)」言うてねぇ^−^

ほなまた、見に来てね!




●撮影・文責/ヤッチー(平松八千代)

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション