ギターラボ トップ > 徳武弘文さん > 徳武弘文さんインタビュー Vol.3

徳武弘文さんインタビュー Vol.3

カントリーとベンチャーズをこよなく愛す「Dr.K」こと、徳武弘文さん。そのインタビューの第3弾! 今回は愛用のギターを紹介していただきます。



ヒップ・ショット

■それでは愛用しているギターを見せていただけますか?

今一番のメインがこのテレキャスターなんですが、これはフェンダージャパンから出ている自分のモデルなんですよ。


Dr.Kモデルのテレキャスターを弾く徳武弘文さん
Dr.Kモデルのテレキャスターを弾く徳武弘文さん

■これはなんですか?(とギターのブリッジ下部にある部品について説明を求めるインタビュアー)

これはヒップ・ショットといって、これを付けて(といって鉄の「くの字」に曲がった棒を取り付ける徳武さん)、スティールギターみたいな音を作るんです。(実際に演奏してくださる徳武さん)こんな感じの音になるんですね。

(演奏を聴き、うなるインタビュアー)

■おぉー! これは初めて見ました。

腰のあたりに当てるんです。「てこ」の原理ですね。だから「特殊部隊」っていいますか(笑)。こういう音も出してくれって言われるんでね。

■これはご自分のモデルにあらかじめ取り付けていらっしゃるんですね。

今はもう、このパーツ自体があまりなくて。現行のモデルには付いていませんね。ボディの赤色はフェンダー・ロゴのタグの文字と同じ色にしてくれ、と言って付けてもらった色なんです。Dr.Kモデルという名前です。


フェンダージャパンのDr.Kモデル■ヒップ・ショットで引っ張る弦は1本だけなんですね。

そうです。2弦を1本だけ引っ張るんです。3弦の人もたまにいますけどね。わりとカントリータイプのギターを弾くプレイヤーが日本にはいなくて。それでぼくが呼ばれるんですよね。

■カントリー系のギタリストは、かなり多くの割合でテレキャスターを使用しているように感じるのですが、それはスタイルに合っているということなんでしょうか?

そうでしょう。テレキャスターが合いますね。テレキャスターは押しが強い音がするので、伴奏では使いにくいかもしれないですね。それにテレキャスターを使う人はうまい人が多いですよ。自分で言ってるのもおかしいけど(笑)。
アメリカでも名人と呼ばれる人はね、ストラトよりテレキャスのほうが多いですね。このモデルは3ピックアップなのでストラトみたいな音も出るんですけどね。セレクターは5Wayにしています。これを、今のところはメインで使用していますね。

(初めて見聞きしたヒップ・ショットが気になるインタビュアー、またしてもその話題に)
■このヒップ・ショットはテレキャスター用に開発されたものなんでしょうか?

そ うでしょうね、きっと。あとはね、ボディのなかをくりぬいてロッドを入れてですね。で、ストラップショルダーで2弦を引っ張るという方法のものもあるんで すがこのヒップ・ショットだとくりぬかなくていいしね。ほかにも何種類かあるんですね、ベンダーにも。パーンペダルとか、5種類くらいあるのかな。


■ライブのショットなどを拝見すると、モズライトを使用されていることが多いようにお見受けしますが、こちらのテレキャスターを使用した活動というのはあるんですか?

今やっているインストゥルメンタルのバンドではモズライトを主に使っていますけど、今年はこっち(テレキャスター)を使う活動も増やそうと思っているんです。

■見た目もカッコいいし、たしかに「特殊部隊」って感じですよね(笑)。

ぼくの出番といったらそれくらいですからね、味付け程度にって。それだけが取りえというか……。

■何をおっしゃるんですか(笑)。それが個性で、それが徳武さんにしか出せない味、ということになりますよね。それってすごいことだと思います。「ここで徳武さんのギターがほしいなぁ」ってことですよね。

そうですねー。ありがたいことですね。


愛用のモズライト・ベンチャーズ・モデルを弾く徳武さん
愛用のモズライト・ベンチャーズ・モデルを弾く徳武さん

■では、今お話に出たモズライトのほうもお見せいただけますか?

パールホワイトのモズライトです。1992年のレプリカなんですよね。本当に「本物」といえるのは1962、1963年のものなんですよね。(実際に構えていただくと「パイプライン」のフレーズがとび出す!)

エレキではサムピックとほかの指で普通のピックは使いませんね。


徳武さん愛用のモズライト・ベンチャーズ・モデルエレキギターのロールスロイス

■好きなギタリストの音に近づきたければ、同じギターを選ぶのがいいってあるギタリストの方がおっしゃっていたんですが。

そう。それが一番早いです。そのとおりです。

■ということはベンチャーズが好きな人はノーキー・エドワーズと同じギターを買って……。

みんなそうでしょうね。で、散財して高い値段でいろんなの買って(笑)。だまされている人もいるしね。ほんと大変なんですよ、楽器の世界もね。特に古いやつは本物を選ぶだけでも大変だからね。

■モズライトって高いんですよね。

そ うですね。このヘッドに入っているベンチャーズのロゴはもう今では使えませんからね。これ使えるのはもうアリアのベンチャーズ・モデルしかないですから。 モズライトでは使えないんです。モズライトというメーカーは呪われた歴史をもっているところですからね、楽器の世界では。大変なんですよ。この辺はまた話 し出すときりがないから(笑)。(Yahoo!オークション注:商標や権利の乱用などで裁判ざたになった経緯がありました)


■日本中の少年たちを夢中にしたギターですよね。

そ うです。これはエレキギターのロールスロイスと呼ばれていますね。モズライトはとにかく音が大きく出るようにと、ピックアップのコイルの巻きが普通の倍く らいあるんです。まあその分ノイズも拾うんですけど。パワーがでかいから普通に弾いているだけでひずんだ音になるんです。その分ビートが強いからすごい印 象的な音になる。ベンチャーズ・サウンドなんかそうですよね。メロディーなんだけどドカーンと来るから、それに気が行っちゃったんでしょうね。

■こうやって見てると、ある種神々しくもありますねぇ。

(一同笑)

■今までお話をうかがったギタリストの方でベンチャーズの名前が出なかったのは、松原(正樹)さんくらいですね。

あ あ、そうかもしれないですね。ぼくらね、ベンチャーズ・トリビュート・ライブとかけっこうやっていて、ライブアルバムを録音したこともあるんですよ。それ で一回誘ったことがあるんだけど「いやぼくは違うから、ベンチャーズじゃないから」って断られたことがあったんですよ(笑)。


ザ・サレージ【ライブ情報】
フィンランドから“ザ・サレージ”初来日! 徳武弘文さん出演。
2月16日(水)銀座TACT
2月18日(金)八王子シネクラブ
2月19日(土)原宿ブルージェイウェイ
出演:ザ・サレージ 徳武弘文/Dr.Kプロジェクト(ザ・サレージ以外の出演者は会場により異なります)

詳しくはこちら
徳武弘文(Dr.K)さんオフィシャルホームページはこちら

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション