ギターラボ トップ > 世良公則さん > 爆音! 世良公則+GUILD9 ライブレポート

爆音! 世良公則+GUILD9 ライブレポート

リハーサル中の世良公則さん ROCKはいい大人を子どもにしてしまう、というとちょっと言い過ぎかもしれませんが、この日ステージに上がっていた「いい大人5人(GUILD9)」は、ある瞬間完ぺきにロック小僧(失礼!)に戻っていました。

写真左:リハーサル中の世良公則さん
写真下:サウンドチェック中のGUILD9




サウンドチェック中のGUILD9


世良公則+GUILD9プレミアムLIVE2011☆100% PURE ROCK~負ける気なんて致しません~


2月11日は、東京でも朝から雪が降ったりとそれはそれは寒い一日でした。

「リハーサルから取材させてほしい」という編集部のわがままを、世良公則さんほかメンバーのみなさんの快諾をいただき、午後1時に会場入りしました。

控室と舞台のあるフロアで、運よく忙しく動き回るMR.SERA PROJECT(世良さん事務所)のSさんと遭遇。Sさんに導かれ控室の世良さん、神本宗幸さん、横瀬卓哉さんにごあいさつ(櫻井哲夫さんは不在でした)。廊下を挟んで向かい側の喫煙ブースをのぞくと......、いましたいましたギターラボのレギュラー"MR.エレキソムリエ"野村義男さん(以下「よっちゃん」)です。よっちゃんとマネジメントのOさんにもごあいさつを済ませスタッフ控室へ。



入念なサウンドチェックとリハーサル、でも楽しげ

リハーサル中の櫻井哲夫さん(左)、野村義男さん(右)


写真:リハーサル中の櫻井哲夫さん(左)、野村義男さん(右)

そうこうしているうちに、サウンドチェックとリハーサル(以下「リハ」)が始まりました。

編集部もステージ下手(しもて)から入場。なるほど、ミュージシャンはこうしてステージに登場するわけかと高揚した気分に(照)。

ステージから客席を見ることや、プロのミュージシャンがサウンドチェックをしている様子を目の前で見られる(聴ける)機会などそうそうありませんのでしっかり見ておかなくちゃ、と思ったのもつかの間。この時間帯のステージ上は本番の最終準備のため、音響(PA)さん、照明さんなどスタッフさんたちがたくさん入り乱れているのです。

足早に客席に退避し、最前列あたりでステージ上の様子を観察することにしました。



PAスピーカーからの音に聴き入る世良さん じっと腕組みしてPAスピーカーからの音に聴き入る世良さん。
近寄りがたいオーラが世良さんから出ています。
誰も声をかけません。

よっちゃんがギターを鳴らし始めました。
流れるようなギターソロを奏でます。
PAスタッフさんとのやりとりがあり、納得のいく音が拾えると笑顔になります。

神本さん、櫻井さん、横瀬さんも黙々とチェックをこなしていきます。

楽曲を通して演奏するリハがはじまりました。
ここでも音のチェックと調整は続きます。

あんな曲も、こんな曲も。リハとはいえ気合入っています。

しばらくして本日のスペシャルゲストO氏がステージに登場し、ゲストコーナーで演奏される3曲のリハが始まりました。

世良さんとO氏のデュエット。

アクの強い二人の歌声が、まだお客様の入っていないホールに響き渡ります。

写真左:PAスピーカーからの音に聴き入る世良さん
写真下:リハでギターバトルをする世良さんとよっちゃん



リハでギターバトルをする世良さんとよっちゃん


リハーサル中のGUILD9。左から櫻井さん、横瀬さん、世良さん、よっちゃん


写真:リハーサル中のGUILD9。左から櫻井さん、横瀬卓哉さん、世良さん、よっちゃん

約1時間半のリハが終わりました。
メンバーは控室に戻り、あとは開演時間を待つばかり。
スタッフ控室のモニターにはファンのみなさんが入場し席につく様子が映し出されています。編集部も席に着かなくちゃ。

開演前、会場はほぼ満席。これから始まるロックショーを今か今かと待っています。



爆音ライブ、開演!

開演予定時刻の16時30分を少し過ぎたころ、客電が落とされオープニングを告げるドヴォルザークの新世界よりが流れ始めました。 ステージ上にメンバーが登場しました。会場のボルテージが一気に上がっていきます。
ひときわ大きな歓声が世良さんの登場を告げます。照明が一転し、爆音が鳴り響きました。

01.goodtime showtime
02.ゼッタイ・フューチャー
03.Maggy

1曲目から1階席が総立ち状態に。もうガツーンっと......なんだなんだ!? リハーサルの倍くらいの爆音だぞ?
5人の奏でる楽器と世良さんのボーカルはホールを破壊しそうな勢いです。しかし、その爆音がまたなんとも心地いいのです。
世良さんの伸びのあるシャウトとバンドの演奏が塊となって会場を襲います。もう冒頭3曲で持っていかれました。

04.銃爪
05.宿無し
06.Soppo

TWIST時代の大ヒット曲が続きます。バンドもお客様もどんどん熱を帯びてきました。

MCをところどころはさんでライブは展開されていくのですが、今日の世良さん、饒舌(......なほう)です。
よっちゃんが口をはさむ暇を与えないというか(笑)。
が、そんななかでもツボを押さえたよっちゃんの笑わせテクは、「宿無し」のエンディングのサビで
世良さんのボーカルパートを奪い去る、という暴挙に発展!
アドリブなのか打ち合わせずみなのか。いずれにしても世良さんとの信頼関係がなければできないことで......、でも、その後「すみません」と繰り返し謝っていたから完全にアドリブかも(汗;)。

また、ファンにはおなじみ、世良さん独特の節をつけたあいさつ「どうもありがとう~♪」をマネするよっちゃん。
客席からのリクエストで櫻井さんまで! で、世良さんが普通に(たんたんと)「ありがとうございます」にしようと言いだし、「どうもありがとう~♪ ありがとうございます」で大爆笑の渦。
「ありがとうございます」は最後まで笑いを誘っていました。

07.別れの朝

神本さんの演奏するキーボードの重厚なイントロに導かれて、唯一のカバー曲「別れの朝」。
世良さんのオブリガードでドラマティックな展開に。今日の世良さんはメインでゼマイティスを使用しています。
よっちゃんはメインでレス・ポールを使用。

08.Rambling Dreamer
09.鼓動

「鼓動」では横瀬さんのドラム・ソロ、櫻井さんのスラップバリバリのベース・ソロとソロパートが続きます。

10.Night Worker

この曲のエンディングで「世良さんVSよっちゃん」のギターバトル勃発。
が、世良さんのゼマイティスの弦が切れるというアクシデントが発生! 切れたままでもしばらく弾き続ける世良さん。
結局神本さんにソロを委ね、レス・ポールに交換。その後ふたたびバトルに参戦というスゴイものを見せていただきました。
世良さんもMCで「弦が切れても弾き続ける、めずらしい世良を見られてよかったね(笑)」と。

写真:ライブ本番、総立ちのホールC



ライブ本番、総立ちのホールC


ここで本日のスペシャルゲスト招き入れる世良さん。大友康平さんの登場です。
大友さんの30周年を記念したコラボレーション。
その第3弾(最後)で世良さんとの初競演がかなった男気あふれるバラッドが披露されます。
キーボードにハウンドドッグの佐藤氏が加わります。
※この曲「True Love Song」はCD化が決定したとのこと!

11.True Love Song
12.Only Love
13.f.f.(フォルテシモ)

大友さんのトークにつられて世良さんも昔話まで始めたり、和気あいあいとゲストコーナーは進行。
ハウンドドッグの代表曲2曲を終えて大友氏が下手に去りました。
「f.f.(フォルテシモ)」でのギター、コーラス世良公則って、なんてぜいたくなんでしょう。

ここからエンディングに向けて、再びドカンとロックします。

14.Bad Boy Shuffle
15.Born To Be Rockin'
16.PASSION

「Bad Boy Shuffle」でふたたびよっちゃんとのギターバトル。
もうここまでいくと止まらないギター小僧たちです。永遠のロック・キッズです。
スゴイのに笑いがこみあげます。

ENCORE01.あんたのバラード
ENCORE02.燃えろいい女

アンコールには世良さんデザインのGUILD9・Tシャツで登場したメンバー。
TWIST時代の大ヒット曲で締めます。約2時間半のライブはこうして終了しました。



「音デカかったね」

「よかったねぇ」「世良さん声出るねぇ」「大友さん+世良さんのf.f.が聴けるなんてねぇ」
と口々に感想を語り合い、帰路につくファンのみなさん。
なかでももっとも多かった(編集部の耳に届いた)のは、「音デカかったねぇ」「楽しかったねぇ」のふたつ。
これこそGUILD9が目指したライブでしょう。

次いつ見られるのかわからないGUILD9。
雨男・世良さんのせいで毎回のように「足下のお悪いなか......」になってしまいますが、ファンのみなさんは大満足で会場をあとにしたことでしょう。

このライブを見終えて、編集部もファンのみなさんと同じ思いでした。
そして、自身のアコースティック・ワークスを、こだわってこだわりぬいて今の形にまで昇華させた世良さんだからこその「爆音ロックショー」なんだと実感しました。
"ロック・ミュージシャン"世良公則の真髄を見た、そんなライブでした。




世良公則ライブほかスケジュール

「第14回熱血! オヤジバトル 決戦ライブ」オンエア
2011年3月21日(月)NHK総合 午前0:00~1:29

「第14回熱血! オヤジバトル 別冊版 世良公則スペシャルライブ」オンエア
2011年3月13日(日)NHK総合 午前0:55~1:20

「さあ!どこからでもかかって来なさい! 2011」
音屋吉右衛門:世良公則(Vo/G)、野村義男(G)

2011年4月13日(水)
会場:STB139(スイートベイジル)東京・六本木
1stステージ 開場17:30、開演18:30
2ndステージ 開場20:30、開演21:30

世良公則 with Friends
2011年4月24日(日)
会場:STB139(スイートベイジル)東京・六本木
1stステージ 開場15:00、開演18:30
2ndステージ 開場18:30、開演19:30

O-kiraku LIVE 2011 アコーステックソロライブ
2011年5月7日(土)
会場:名古屋市青少年文化センターアートピアホール
2011年7月1日(金)
会場:ティアラこうとう大ホール(東京)

詳細は世良公則オフィシャルサイトへ(外部リンク)

Yahoo!チケット チケットご購入はYahoo!チケット
Yahoo!オークション オークションで世良公則さんを検索
Yahoo!ショッピング ショッピングでGUILD9、世良公則さんを購入



世良公則オフィシャルサイトへ(外部リンク)
●写真提供、撮影:SHOKO SOGA
●協力:MR.SERA PROJECT
●協力:東京国際フォーラム
●写真、文:Yahoo!オークション



登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション