ギターラボ トップ > 奥田美和子さん > 奥田美和子さんインタビュー Vol.2

奥田美和子さんインタビュー Vol.2

奥田美和子さん 前回のライブレポート、いかがでしたか? 今回はインタビューの第2弾。プロになる前の奥田さんに迫ってみました!



奥田美和子さん



詩と声を聴いてもらおうと

■音的にはバンドサウンドでロックっぽいですよね。

そうですね。バンドだったり、ロックっぽいサウンドは好きですね。

■「青空の果て」から2年間、特に顔を出さなかったことは、さきほどお話にも出ましたよね。それはなぜだったんですか?

顔を隠していたわけではないんですけど、最初は柳さんの詩と私の声を聴いてもらおうということで、結果的にビジュアルが後ろになったということでもあるし。自分が表に出ていくよりは、まずは声を聴いてもらいたい、という思いもありまして。

■テレビ出演もされましたし、今までの分もこれからどんどん表に出ていくことになりますね。顔もどんどん出ていくし。

はい、そうですね(笑)。




奥田美和子さん ジュディマリのコピーバンド!?

■昔のお話に戻るんですが、高校のころやっていたMCをしなくていいバンドでは、どんな音楽をやっていたんですか(笑)?

そのときは......(笑)、あの、全然イメージが違うんですけど、ジュディマリ(JUDY AND MARY)のコピーバンドをしていたんですよ。でも、まったくジュディマリじゃなかったんですよ(笑)。

■ジュディマリじゃなかった?

衣装はジュディマリの感じに合わせて、なんかこうチェックの服を着ていたりしたんですけど......。

(一同爆笑)

で、ほんとにしゃべらない、笑わない......。まねしようにもできない、ってところもあったので、まんま「奥田美和子」で歌っていたので、そういうのが逆に目に止まったみたいですね。

■それは想像しただけで、ものすっごい違和感、ですよね。

(一同笑)




秘蔵、お宝映像

■踊ったりしない?

しないです(笑)。歌っているだけで......。バンドで演奏しているときは、それが普通だと思っていたんですね。それを母がビデオに撮っていまして、それを見たら......。聴けたもんじゃないんですよ、オケが。

(一同爆笑)

■バンドが合っていないんだ。

私の声しか合っていないっていうか。バンドがしっかりしていなかったんですよ(笑)。なので、声をかけられたのはバンドではなくて私だったんです。歌が好きで歌手になりたいとは思っていましたが、「バンドでいきたい」とは思っていなかったし。

■そのお母さんが撮ったビデオというのは、そのうちすごい「お宝映像」になりますねー。

(一同爆笑)

それは恐ろしいですね(笑)。そのライブの前に、「バンド解散するから」ってメンバーから言われていたんで、「ああそうなんだ」って思っていたんですね。
でも演奏が終わったら途端にさみしくなって泣いてしまって、司会の人に「どうですか?」とか聞かれているんですが、なんにもしゃべらずにそのままバックステージにさがっちゃってるんですよ。ほんとにジュディマリのコピーバンドやっていたのか? って感じなんですけど(笑)。




テレサ・テン好き

■へえー(笑)。もうちょっと話は戻るんですが、幼稚園のころから歌が好きだったっておっしゃっていたじゃないですか。そのころの奥田さんのアイドルってだれだったんですか?

特にいなかったですね。「あ、この曲好きだなあ」って思って入っていたので。両親が聴いていた曲で、テレサ・テンさんとか松田聖子さんとかあったんです。でも聖子さんのほうにはいかずに、テレサ・テンさんの哀愁を帯びた悲しげなメロディーのほうにいきましたね。

■じゃあ、幼稚園のころからテレサ・テンを歌って......。

はい。

■おませだなー。

(一同笑)

マルシアさんの「ふりむけばヨコハマ」とか幼稚園のころ好きだったんですよね(笑)。もちろん幼稚園で歌う歌も好きでしたけど、家に帰って好んで聴いて歌っていたのは、そういう曲でしたね。

■カラオケにはよく行かれました?

カラオケは中2か中3のころから行きだして。そのときは当時はやりの曲も歌ったんですけど、やっぱりバラードを歌っていましたね。工藤静香さんの、ちょっと激しい感じの曲とかも。

■うん、そこまではなんとなく共通項が見えますねー。で、それがいきなりジュディマリに。

(一同笑)

(笑)ボーカルを手伝ってほしい、と言われたときは誰の曲を演奏するのか決まっていなかったんですよ。で、誰がしたい? って聞かれて、はは(笑)「安室奈美恵」って言ったんですよ。バンドで安室奈美恵って......。

(一同爆笑)

それってありえないことなんですよね。バンドの知識もなかったので、「は?」って。「じゃあこっちで決めとくから」って言われてジュディマリに決まったんです。でも私全然知らなかったんですよ、ジュディマリ。だから渡されたものを覚えていって。

■そのいっぷう変わったジュディマリが目にとまったわけなんですね。

(笑)。そうですね。

---意外にも「ジュディマリ」のコピーをしていたという奥田さん。MCなし、演奏が心許ないジュディマリ......って、かなりおもしろそうですね。




「奥田美和子/二人」ジャケット 【アルバム「二人」】
ヒットシングル、TBS系ドラマ『ヤンキー母校に帰る』
主題歌「青空の果て」から、最新シングルのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『雨と夢のあとに』主題歌「雨と夢のあとに」など4枚のシングルに加えて、「青空の果て」のニューヴァージョン「絶望の果て」を含む全13曲収録。
全作詞とビジュアルプロデューサーは作家の柳美里さん。




●撮影・文/Yahoo!オークション

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション