ギターラボ トップ > LEONAのFiddler's Diary > LEONAのフィドラーズ・ダイアリー Vol.1

LEONAのフィドラーズ・ダイアリー Vol.1

leonaさんのイメージイラスト。描いたのは巨匠。 今週からLEONAちゃんによる新コーナー、「LEONAのフィドラーズ・ダイアリー」をお届けします。
ここではフィドルのこと、音楽のこと、友だちのミュージシャンのことなどをLEONAちゃんの言葉でお伝えしますよ。
楽しみです! LEONAさんファミリーの正体もわかるかも!?




leonaさん 私のキャッチコピー、“wanna be a fiddler”
こんにちは、LEONAです。

「We Love Music」のインタビュー、楽しく読んでいただけました?
「フィドル」、という言葉を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。

日本にはフィドル弾きが少ないんです。なので、このページを見て1人でも多くの方が、フィドルの入った音楽ってどんなものだろう、フィドルを弾いてみたいな、なんて興味を持っていただけるとうれしいです!




「フィドルって言われてもよくわかんない」、と言われるのですが、最近はリバーダンスなどの影響で、「アイリッシュフィドル」や「ケルティックフィドル」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。
「バイオリンと何が違うの?」という質問もよくあります。バイオリンとフィドルの境界線はここです、と思い切り言い切れるところはありません。でも、全然違うものなのです!




フィドルとの出会い
私はクラシックのバイオリンを4歳から習い始めました。3歳のとき突然、「バイオリンを習いたい!」と言ったのがきっかけで……気まぐれな発言だろうと思って放置していた母親に4歳のとき、「いつになったらバイオリン習わせてくれるの?」と言い放ったそうな……(笑)。それから二十歳になるまでの16年間、クラシックのバイオリンを学んでいました。
でも家庭の環境もあり、家族の中で一番年下の私は、色んなジャンルの音楽を、なんというジャンルのものなのかも知らないまま、なんとくなく聴いていました。父が聴く音楽はもちろんのこと、母が好きなロックやポップス、兄が聴いていたヘビメタやハードコア、そしてもちろんクラシックまで。

そんななか、当時高校生くらいだった私が、家で「Beck」のCDを聴いてぼんやりしていたら、父が「これの元をつきつめていくと、これなんだよ」と渡してくれたCDが、「Area Code615」でした。
それを聴いてものすごい衝撃を受けたんです! 「かっこいい! しかもバイオリンみたいのが入ってる」。それがフィドルとの出会いでした。




leonaさん
文/LEONA、イラスト/巨匠

撮影/Yahoo!オークション

読者コメント(1件のコメントがあります)

はじめまして、Teddyというものです。
 今年で31歳になる男です。今現在は、音楽活動はしていませんが…
 僕は、ずっとロカビリーバンドでリードギター&リードヴォーカルをやっていたのですが、僕がロカビリーをプレイするようになったいきさつをちょっと聞いてください。
 もともと、洋楽ばかりの家庭環境に生まれた僕は、9歳のときにギターと出会い、親父にギターのことを教えてもらいながらブルースギターを弾いていました。
 中学生の頃のある日、親父の音楽仲間の人からもらったビデオでブルーグラスを聞いて僕はブルーグラスに夢中になってしまいました。
14歳の時からすべて独学でバンジョーも弾きはじめるようになって…
 しかしながら、同じひとつのステージの中でブルーグラスとブルースの両方を演奏してしまうのは、なかなかまとまりがつかず不可能な感じがして、ブルースとブルーグラスの二つの要素を演出できる音楽が僕にとってのロカビリーだったというわけです。
 そして最近、自宅にずっとほったらかしだったもらい物のバイオリンを引っ張り出してきて、フィドルも弾けるようになりたい…と思って、フィドルに挑戦し始めたわけなんです。
Leonaさんのこのページを読んでいて、なんだか考え方や、音楽環境、とかいろいろと自分と似通った印象がして、普段あまりネット上でコメントなどしないのに、思わずメッセージ書いてしまいました。僕の場合は、どの楽器も完全に独学ですが…笑
 ロカビリーバンドで活動していた頃は、ギターの腕もかなり評価されていたこともあり、バンジョーもだいぶ弾けるようになったしウッドベースのスラップベースも少しできるし…調子に乗っていた僕なんですが、フィドルにはほとほと打ちのめされています。 
 レオナさんの、このコーナーでいろいろ勉強していきたいと思っています。
 レオナさんの演奏もぜひ聴いてみたいし、機会があれば僕のロカビリーもレオナさんに聞いてもらいたいです。
 また今後もこのコーナー、楽しみにしています。

投稿者:Teddy Dog | 投稿日:2009年1月25日 00:51

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション