ギターラボ トップ > LEONAのFiddler's Diary > LEONAさんインタビュー Vol.3

LEONAさんインタビュー Vol.3

leonaさん フィドル界のミューズ、LEONAさんのインタビュー第3弾! 今回はフィドルとバイオリンの違いをちょっとだけ解説します。



左がクラシック・バイオリン、右がフィドル
左がクラシック・バイオリン、右がフィドル
駒にヒミツが
■フィドルとバイオリンをお見せいただけますか?

はい。見ていただくとわかると思うのですが、駒(ブリッジ)の部分のアールが微妙に違っています。

■あ、本当だ。

これは案外知られていないことなんです。ブルーグラスの世界にいて、実際にフィドルを弾いている人でも知らない人がかなりいるんですよ。だからこれはかなり「すごい情報」なんですよ(笑)。




leonaさん

■なるほどねー。このフィドルは弦が1本だけスチール弦ですね。

スチール弦にそろえるのがブルーグラスでは一般的なんです。スチール弦じゃないのは邪道だって言われるんですけど、このほうが弾きやすくて(笑)。その楽器にあった音色、一番鳴る音色に弦を変えたりするんです。

■あ、そうなんですね。

フィドルの駒は、バイオリンの駒と比べるとかなりフラットな形状です。あと、弦高もたいてい低くします。フィドルでは和音やものすごいスピードでの速弾きを要求されることもあるので、クラシックバイオリンの駒の形状や、弦の高さだとかなり無理があるんですね。

■下世話な質問ですが、当然このバイオリンのほうが高価なんですよね?

そうです。このバイオリンの弓は、このフィドルよりも高いんです。

■えー! 弓のほうが高いの?

(一同爆笑)

弓も馬の尻尾の毛を使うんですが、バイオリンは家が建っちゃうくらいのものもありますからね。




フレットレスは難しくない
■そのバイオリンの弓でフィドルを弾くとどうなるんですか?

やってみますね。(といって、弓で弾き比べをしてくれるLEONAさん)バイリオンの弓でフィドルを弾くと、弓が勝っちゃってうるさいくらいに鳴るんですね。困るので、このフィドルに適当な値段で、それなりに鳴らすことができる弓を買いました。

■なるほど、素人のぼくでもわかりました(笑)。

あははは(笑)。そうですね、違いはわかると思います。

■駒はご自分で削るんですか?

そうですね。売っているものはフラットになっていないので、自分か、専門の人に削ってもらいます。フレットレスの楽器なので、音程をつかむまでが大変ですけど、楽しい楽器ですよ(笑)。




親指の使い方を説明中 私発見したんです
■フレットレス、難しそうですよね。(と、ここでインタビュアー、パソコンに向かって作業中のLEONAパパにいきなり話をふります)ところでフレットレスのギターはお弾きになりますか?

LEONAパパ:え? ぼくですか? 弾いたことがある、という程度で真剣にやったことはないですね。あれはあれでまた別世界がありますけどね。


これは私が発見したことなんですけど。発見っていうほどのおおげさなものじゃないかもしれませんが(笑)。フレットのある楽器を弾いている人にフィドルを持たせると「音程がとれない」って言うことが多いんですけど、その原因は私は親指の位置が問題なんじゃないかと思うんですよ。
バイオリンもフィドルも、親指の位置でポジションを変えるんです。1のポジション、2のポジション、という位置があって、ギターとかマンドリンを弾く人は、親指を固定しないで、動かしてしまうことが多いんです。マンドリンを弾く子に、親指を固定させて弾いてみる事を伝えたら、音程が安定したんです。親指の位置、の感覚をつかめばフレットレスでも、みんなが言うほどに難しくないのでは? と思ったり......(笑)。

フィドルを演奏するleonaさん
フィドルを演奏するLEONAさん

■クラシック・バイオリンだと高尚なイメージですが、フィドルは......。

フィドルは全然違いますね。アメリカではブルーグラスなどで普通に家庭で演奏されていますし。

LEONAパパ:ブルーグラスから発展してカントリーになったり、ハードロックにいっちゃう人もいますからね(笑)。すごいヘビメタバンドが、ライブで生ギターを持ち出すといきなりブルーグラスになっちゃうからね。そういう基礎みたいなのがあるからできるんだろうなあって、思いますよ。

ちっちゃいときから音楽と生活が一体化しているから、楽器を弾くことが特別なことではないんですね。


---さあ、チャレンジしたくなりましたか? 次回からLEONAさん自らの手によるコーナーがスタートしますよ。どうぞお楽しみに!


【LEONAさんライブ情報】
4月15日(金)ラトルスネーク・アニー公演にゲスト出演。詳しくはこちら

4月17日(日)自由が丘マルディグラに「L-ION」のメンバーとして出演。
4月20日(水)池袋フリーフローランチ
撮影・文/Yahoo!オークション

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション