ギターラボ トップ > KOJIさん > KOJIさんインタビュー Vol.2

KOJIさんインタビュー Vol.2

KOJIさんの素顔に迫るインタビューの第2弾。その愛すべきキャラクターが発見できます!



KOJIさん正式に採用されたの?

■実際にプロとして活動されるまではどんなでした?

そ もそもドラムのレビンと「バンドをしよう」と言って高校を卒業したものの、おたがいに何のノウハウもなく。ドラムとギターだからボーカルもいなくって。 で、メンバー募集しようということで楽器屋さんに張り紙をしに行ったんですね。でもなんの反応もなく……。その間はアルバイトをたくさん掛け持ちでやって いたので、お金も結構たまって、それで遊び歩いたりしていたんです。

そのころレビンが、今のラクリマの前身であるボーカル(TAKAさん)とギター(HIROさん)がいたバンドの、ドラマーが抜けたということで電話が来たんです。電話で話をして「なんかおもしろいやつだ」一度会おうということになって、レビンはそのまま加入したんですね。



あ、ひとりになっちゃったよ、と思ったんですが「いずれ将来プロになるし」ってなぜか焦らずにいたんですね。そしたらそのバンドをツインギターにしたいということで、声をかけてくれましてオーディションを受けに行ったんです。

事 前にリハーサルをして、曲を覚えて、本番はライブ・オーディションだったんですね。そこでは化粧をしなければならなかったんですね。あまり好きじゃなかっ たんですが、ギターが弾けるならいいやということで、みようみまねで初めて化粧をしたんです。「うわー、気持ちわりぃー」って(笑)。それが初ステージで あり、このバンドとの出会いだったんです。そうやってオーディションをしたんですが「一回だけじゃわからないから、次もオーディションということで」って 言われまして。で、まだね、その結果は今でも聞いていないんですよ(笑)。


■えっ?

あはははは(爆笑)。今こうやってバンドを離れることになったからブラック・ジョークなんですけど、ずうっとオーディションの合否を聞かされずにここまで来ちゃったわけなんです。今となってはネタになっているんですけどね(笑)。

■そうなんですかー?

毎回ライブのたびに「呼ばれていないのに来ていいのかな?」って(笑)。まあでも「あかん」って言われるまでは毎回来ようと思って行ってたんです。

■じゃあ、そのオーディションにうかったのかどうかわからずしまい、なんですね。

そうなんです(笑)。


■活動の拠点は大阪だったんですね。

えぇ、 大阪生まれが何人かいましたし、みんな大阪で出会って。市内を中心に活動していました。TAKAがすごくしっかりした人間で、ライブをやるとお金をもらえ るんですが、それをメンバーに分けてしまわないできちんと貯金をしていたんです。打ち上げにも行かず、吉野家でご飯を食べて、TAKAの家でその日のえん そうについて「あーだこーだ」ってやって帰っていました。その貯金したお金でレコーディングしてデモテープを作ったんですよ。で、そのテープを売って、 入ったお金を貯金して、次にCDを作ったんです。

■なんだか破天荒なイメージのロック・ミュージシャンっぽくなくて堅実な感じですね。

たまーに羽目をはずす機会も作ってくれて、「今日は打ち上げをしよう」って言ってくれたりするんです。

■マネージメント能力のある方なんですね。

そうですね。あのときパーっと使っちゃって、もっと乱れるタイプの人間だったとしたら、そのときはそれで楽しかったかもしれないけど、今にはつながっていないですよね。それもぼくにとって大きな出会いですね。


KOJIさん
■自主制作のCDはどれくらい売れたんですか?

1万5千枚くらいは売れたと思いますね。そのころの大阪のインディーズではそれだけ売るバンドもそういなかったので、そのおかげで人気も出ましたし、「大阪にこんなバンドがいるらしいぞ」と全国でも注目されるきっかけになりましたね。

そ のお金でミニアルバムを作ったんですね。で、今の事務所の社長が大阪に見にきてくれまして、そのときは少しお話をしただけだったんですね。その後社長とメ ンバーで、東京で正式な話をしようということになったんです。でも、そのタイミングで風邪をひいちゃいまして、ぼくだけ行かなかったんですね。また大事な 契約の席にぼくだけいなくって。そういえばオーディショ合格って言われていないから、4人だけで行っちゃうのかなぁって(爆笑)。間が悪いと言うか……。 いまだに社長には「病欠」って呼ばれるんですよね(笑)。


大阪のファンはありがたかった

■失礼を恐れずに言わせていただくと、ちょっとだけ間が抜けているところが、KOJIさんのいい感じのキャラクターになっていますね。

あ はは(笑)。でもそれで社長はぼくのことおぼえてくれたんで、結果的にはよかったですね。それで自分たちで作ったCDを聴いていただいたんですが「曲がす ごくいい」といってくれまして。サウンド的にはもっとよくする余白があるから、これを東京に来てレコーディングしよう、ということになったんです。それか ら山中湖で合宿をして、その間に東京で住む家を探して、引っ越してきたんです。

■大阪のファンはそうとう悲しみましたね。

そ うですね。インディーズからメジャーデビューということになると、反発するファンもいるのは正直仕方ないことかな、というのもあったけど。まあでも温かく 応援してくれるファンの子たちも多くて「よかったね」「もっと大きくなってね」っていう声がすごくありがたかったですね。


---きりっとした目元も涼しげなKOJIさん。でも中身はけっこう抜けていたりもするおちゃめな人だったんですね。よくも悪くもマイペースか!? 次回もお楽しみに!

La'cryma Christiオフィシャルホームページはこちら

登場アーティスト

キーワードで検索!

キーワード : カテゴリ指定 :    
検索オプション