東日本大震災 チャリティーオークション

Charity AUCTION in support of disaster relief efforts

「ユニコーン」チャリティオークション

ユニコーンのライブ

私達は、OECD東北スクールというプロジェクトに参加している、福島、宮城、岩手の被災地から集まった約100名の中高生です。

私たちはそれぞれ、津波で家族や家を失ったり、原発事故で故郷に帰れなくなったりした経験を持っています。
この厳しい現実を乗り換え、希望ある未来を創造するために、
2014年8月にパリで「復興した日本を世界にPRする」国際的なイベントの企画を進めています。
そして、イベントの費用も私たち、生徒が集めています。

今回、私たちが東日本大震災のチャリティオークションに出品して国際イベントの費用を集めたいと思っていたところ、ユニコーンの皆様から、震災があった2011年のライブツアーで実際に使用した衣装を頂きました。

ユニコーンの皆様がライブで、笑いと感動を創り出しているように、震災発災から丸2年たつ今、私たちは、東日本大震災の経験を振り返ると共に、「新しい東北・日本の未来」のために、産業やイノベーションを創り出していきたいと考えています。

私たちが震災を乗り越え、国際イベントを成功させられるよう、震災があった2011年に全国で40回以上のライブを行ったツアーを共にしたステージ衣装を皆様にお譲りしたく出品します。
落札額は、前述の日本の復興をPRする国際イベントのために大切に使います。

2011年のライブツアーで実際に使用した衣装


【OECD東北スクールとは】

日本の問題・世界の問題を考え、未来のイノベーターを育てるプロジェクトで、2年半に渡って課題の発見・解決などの復興を担うためのスキルや、リーダーシップを国内外の著名な方々と学んでいます。
国際的なイベントの企画・実行に、私たちの真剣な夢・希望が込められています。
私たちは、「過去を超えます。常識を超えます。国境を超えます。」
2014年8月のイベントを必ず成功させます。ぜひ、チャリティオークションに参加して応援してください!

OECD東北スクールのHP(外部リンク)
ご支援・ご寄付のお問い合わせは上記HPからご確認ください。

合計落札金額

日  現在

※速報値。落札後のキャンセルなどにより変更される場合があります。

おすすめの特集