このプロジェクトは2017年07月16日 23:59に終了しました。

アートのチカラで児童労働をなくそう!

社会貢献

世界には遊んだり、勉強したいと思いながらそれが叶わず、おとなと同じように働いている子どもがいます。私たちは危険な労働から子どもたちを守り、児童労働の問題を人々に伝え、解決するための活動を行っています。

6月12日は「児童労働反対世界デー」

15歳未満の子どもが教育を受けられずにおとなと同じように働いたり、18歳未満の子どもが心身に悪影響を及ぼす危険な状況で働くことを児童労働といいます。いま世界では、約1億6800万人の子どもが学校に通うこともできず、児童労働に従事しており、世界の子どもの9人に1人が「児童労働者」と言われています。
毎年6月12日は、「児童労働反対世界デー」です。今年で設立20周年を迎えるACEでは、児童労働について日本の皆さまに伝え、社会に広めるために「そのこの未来キャンペーン」と題して「児童労働反対世界デー」の6月12日よりキャンペーンを展開しています。

「そのこの未来キャンペーン」とは

みんなが子どもの声に気づき、行動を起こす。
そうすれば、きっと、児童労働のない未来はつくれる。


「そのこの未来キャンペーン」の「そのこ」とは、日本を代表する詩人で、ACEのマンスリーサポーターでもある、谷川俊太郎さんがACEのために書いてくださった詩「そのこ」に登場する子どものことです。

学校に行くのが当たり前の子どもたちと、働くのがあたりまえの子どもたち。
同じ地球上に、こんな格差が生まれてしまっています。
どの国に生まれても、どんな親が育てていても、遊んだり、学んだり、笑ったりする権利が子どもにはあります。その権利を守る責任が、私たちおとなにはあります。 「そのこ」の未来キャンペーンでは、この詩にあるような子どもたちのことを伝え、ACEの活動を応援いただくお願いをしています。

アート作品を出品し、支援金をあつめます

今年は「そのこの未来キャンペーン」の一環として、「アートのチカラで児童労働をなくそう!」をテーマに、チャリティーオークションを実施します。絵画やイラスト、写真、書道など、ACEの活動にご賛同いただいているアーティストの皆さまからアート作品をご提供いただき、作品を通じて、一人でも多くの人に児童労働に関心を持ってもらい、その解決に参加して行動を起こすきっかけを作ることを目指しています。落札代金は全て、世界の子どもを危険で有害な児童労働から守るための活動に使わせていただきます。

【出品期間・参加アーティスト】
■第1週: 6月12日(月) – 6月18日(日)
安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)/ はせがわいさおさん(画家)/ Flynn J. Wallaceさん(アボリジナル画家)

■第2週: 6月19日(月) – 6月25(日)
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)/ 夕凪さん(書道家)/ 朝凪さん(書道家)/ 石崎敦子さん(写真家)

■第3週: 6月26日(月) – 7月2日(日)
大宮エリーさん(脚本家・エッセイスト・画家)/ のんさん(女優・創作アーティスト)/ 土屋秋恆さん(水墨画家)/ クロッチさん(〆キャラのら猫)

■第4週: 7月3日(月) – 7月9日(日)
田中秀行さん(AFRIKA ROSE フラワーデザイナー)/ 鬼頭志帆さん(写真家)/ 蓮井幹生さん(写真家)

■第5週: 7月10日(月) – 7月16日(日)
Przemek Sobockiさん(イラストレーター/アートディレクター)/ Lisa Vogtさん(写真家)/ 蓮井元彦さん(写真家)/ 皆川聡さん(写真家)/ 石野千尋さん(写真家)


※諸事情により日程が変更になる場合があります。
※上記出品商品は、内容変更、商品追加となる場合があります。

いま、世界の子どもの9人に1人が「児童労働者」

いま世界では、、世界の子どもの9人に1人が「児童労働者」と言われています。子どもたちが働く理由は「貧しいから」だけではありません。「学校へ行っても意味がない」とか「女の子は教育を受けなくてもよい」、「わたしたちには関係がない」といった意識や考え方が「児童労働(=危険で有害な労働)」を生み出している一因になっています。

これまで世界では、児童労働を減らすためにさまざまな取り組みが行われてきましたが、その進みは遅く、児童労働者数の推移予測では、今のままのペースでは2020年になっても1億人以上の子どもたちが厳しい状態から抜け出せないという推計が出ています。

日本では、児童労働の実態があまり知られていないため、問題に気づかず、児童労働によるものを買っている企業や、それを知らずに消費している消費者が多いのが現状です。チョコレートの原料のカカオや、Tシャツの原料になるコットンなど、日本にも児童労働でつくられたものがあふれています。わたしたちの毎日の生活は、決して児童労働とは無縁ではないのです。

このチャリティーオークションの作品をご購入いただくことにより、一緒に児童労働のない未来をつくる一員になってください。皆様の温かいご支援よろしくお願いいたします。

認定NPO法人ACE [エース]とは

ACE [エース]は、世界中のすべての子どもが権利を守られ、希望を持って安心して暮らせる社会を実現するため、市民と共に行動し、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。2014年にノーベル平和賞を受賞されたカイラシュ・サティヤルティさんが呼びかけ、世界103カ国で行われた「児童労働に反対するグローバルマーチ」を日本でも実施するため、1997年に学生5人で設立しました。インドのコットン生産地とガーナのカカオ生産地で危険な労働から子どもたちを守り、日本で児童労働の問題を伝える啓発活動、政府や企業への提言活動、ネットワークやソーシャルビジネスを通じた児童労働を解決するための活動を行っています。これまで1,637人の子どもを児童労働から救い、13,263人の子どもの教育を支援してきました。
児童労働をなくすためには、地域でいま児童労働に苦しむ子どもたちを救うことと同時に、グローバルな貿易や経済構造の問題を見直し、「児童労働を生み出さない仕組みづくり」が必要です。ACEは、子どもから家族へ、家族から地域へ変化を生み、国や世界全体を変えていくことをめざしています。

  • 「買う」で支援
COMPLETE
集まっている金額
1,000,805 円
200%
目標金額:500,000円

残り日数終了

「買う」で支援
NPO法人ACE

プロジェクト実行者

NPO法人ACE

ACE [エース]は児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。

「買う」で支援しよう!

プロジェクト実行者のモノをヤフオク!で買うことで、プロジェクトを支援できます。

プロジェクト実行者の商品

 このプロジェクトは終了しました。
 ご支援ありがとうございました!
トップへ