このプロジェクトは2016年02月28日 23:59に終了しました。

プロ野球界の「レジェンド」たちの願い。野球を通じて心豊かな社会を!

社会貢献

日本プロ野球名球会が主催した「名球会ベースボールフェスティバル2016」の際に集められたユニフォームやサインボールなどを出品し、心豊かな社会づくりと野球文化の持続的発展を目指した支援活動をいたします。

プロ野球界のレジェンドたちが一堂に会して、野球を通じた社会貢献のために貴重な品々を出品。

日本プロ野球名球会は、1月11日[月・祝]に福岡ヤフオク!ドームで「名球会ベースボールフェスティバル2016」を開催しました。

王貞治顧問や山本浩二理事長をはじめ、長島茂雄巨人軍終身名誉監督も参加して、野球教室やセ・リーグとパ・リーグに分かれて対抗戦などを行い、幅広い年代の野球ファンの皆さまとの交流を深めました。対抗戦では、プロ野球史を飾った名選手たちが懐かしの名勝負を蘇らせ、場内を沸かせる場面もありました。

ベンチで小笠原氏を迎えるレジェンドたち ©名球会

このフェスティバルに参集した数々の名勝負や大記録を達成した名球会のレジェンドたちから、社会貢献への思いとともにユニフォームやサインボールなどをreU fundingに出品いたします。

王貞治顧問をはじめ、心豊かな社会を願うレジェンドたち ©名球会

厳しい環境下で暮らす子供たちに希望を与える「スモーキーマウンテン」野球教室

ユニフォームやサインボールを販売して集まった資金は、日本プロ野球名球会がASEAN地域中心に展開している「名球会アセアンベースボールプロジェクト」などを通じて、子供たちに夢や希望を与える支援活動に使わせていただきます。

支援活動は、かつて「スモーキーマウンテン」と呼ばれて自然発火したゴミの山から燻る煙が昇るフィリピンマニラ北方に位置する貧困地域でも行われました。現地には、元広島のエース北別府学氏と元巨人の駒田徳広氏が訪れ、野球用具の贈呈や野球教室を開催しました。

地元の子供たちへ熱心に指導する駒田氏 ©名球会

野球の楽しさを知り笑顔になる子供たちと北別府氏・駒田氏 ©名球会

このような活動を継続的に行うことによって、国境を越えてそれぞれが理解し合ったり、より多くの子どもたちが将来へのビジョンを持ち、夢や未来に向かって挑戦していくきっかけを提供しています。

今後も日本プロ野球名球会は、野球を通じて「恒久的な世界平和を達成するための行動」を自ら起こしていける子どもたちを作り出すため、支援活動を進めて参ります。

写真:一般社団法人 日本プロ野球名球会

  • 「買う」で支援
COMPLETE
集まっている金額
6,538,424 円
217%
目標金額:3,000,000円

残り日数終了

「買う」で支援
一般社団法人 日本プロ野球名球会

プロジェクト実行者

一般社団法人 日本プロ野球名球会

社会の恵まれない方々への還元と日本プロ野球会の底辺拡大への寄与を目的に活動する。

「買う」で支援しよう!

プロジェクト実行者のモノをヤフオク!で買うことで、プロジェクトを支援できます。

プロジェクト実行者の商品

 このプロジェクトは終了しました。
 ご支援ありがとうございました!
トップへ